年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

出生から死亡までの戸籍謄本の取得方法

出生から死亡までの戸籍謄本の取得方法

出生から死亡までの戸籍謄本の取得方法

出生から死亡までの戸籍謄本の取得方法は複雑ではありませんが、このとき被相続人の最後の本籍地を把握しておく必要があります。

被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍を揃える必要はありません。市役所に戸籍謄本、除籍謄本など、出生から死亡までの戸籍謄本を請求します。

この時、被相続人の最後の本籍地がわからない時には、被相続人の最後の住所地がわかれば住民票の除票を発行してもらうことができます。これらの戸籍等は、郵送なども可能になりますので、戸籍等を取得する際に遠方で住まいから距離がある方は郵送を利用して時間、手間を取らずに取得ができますが、注意点もあります。

この時の注意点

この時の注意点として、亡くなられた方は基本的に通常の住民票ではない住民票の除票が発行されます。

区役所や市役所によって保存期間が異なるので確認しておきましょう。

インターネットが使える環境であれば役所のホームページで郵送での請求方法を確認し、着実に請求していくことが可能です。

まず戸籍謄本を含めて以下の請求が可能です。

戸籍謄抄本請求書、身分を証明できる運転免許証などのコピー、被相続人との関係が分かる戸籍謄本等のコピー、戸籍等取得のための手数料なども含まれます。

これは定額小為替を郵便局で購入する必要があります。現住所宛て名を記載した返送代金分の切手を貼った返信用の封筒なども取得が可能です。郵送を有効的に利用していくことで時間を短縮することが可能です。

インターネットを利用して請求することが可能

最近では市町村が合併しているために、どこに請求したらわからない方もインターネットで検索が可能です。

もし役場が見つからないときには近隣の役場に問い合わせを行うことをおススメします。多くのサイトで合併した市や町役場を確認することが大切です。

インターネットを利用した手続きを行って自分の住所を伝えるだけで郵送にて、取り寄せることで手間や時間がかからずに手続きを完了することが可能です。

戸籍謄本は基本的に相続の手続きにおいて、メインで必要になる書類です。書類の請求を行い、すばやく即日で書類を手に入れることが可能です。

また相続できる、財産の価値を十分に確認していくことが大切です。相続の対象になるものには足すのカテゴリわけを行うことが可能になります。

土地、家、有価証券、銀行の貯蓄、被相続人の意思表示である、遺言書の有無を必ず確認してから相続の手続きが必要です。多くの所有している被相続人の私物から家庭電化製品なども含まれます。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続税の申告期限までに遺産分割が間に合わない場合の未分割申告

1.10ヵ月以内に遺産分割が間に合わない 相続が発生したら、速やかに相続財産の分割を行い、相続税の計算をした後、税務署に相続税の申告をして納税を行わなければなりません。しかし、相続財産の分割というのはなかなかうまくいかないことが多く、あらかじめ定めら […]

相続税の時効は5年?6年?7年?

1. 相続税の時効とは 時効とは、ある事実状態が一定期間継続した場合においてその権利の取得、喪失という効果を認める法律上の制度をいいます。 噛み砕いて説明すると、 お金を貸して特に返済もなく、 連絡もなく、 貸した方からも返済請求もせず、 10年間経 […]

相続の開始があったことを知った日とは

相続の開始があったことを知った日とは 相続後の手続きでは、期限が定められているものがいくつかあります。 例えば、相続放棄の手続きは、自己のために相続開始があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所において手続き(申述)を行わなければなりません。 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る