相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門税理士集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,724件(令和3年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

遺産相続では、親族の関係を示す用語が多く使われます。中には聞きなれないものもあって、難しいと思われるかもしれません。

ここでは、親族の関係を示す用語のうち、「直系尊属(ちょっけいそんぞく)」「直系卑属(ちょっけいひぞく)」について、図を示しながら解説します。
あわせて、遺産を相続できる直系卑属の範囲についても解説します。

親族の関係を示す用語について理解を深めたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.直系尊属・直系卑属の意味とは?

はじめに、親族関係を示す「直系尊属」、「直系卑属」の意味を解説します。

1-1.直系とは

「直系」とは、親子の直接の血縁でつながる関係のことです。本人から見て父母、祖父母、子、孫は直系の親族となります。

養子と養親も直系の親族となります。養子と養親の間に血のつながりはありませんが、養子縁組によって法的に血縁があると認められます。

一方、共通の祖先から分かれた親族のことを「傍系」といいます。
兄弟姉妹は父母を共通の祖先とした傍系の親族です。甥・姪やいとこなども傍系の親族となります。

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

1-2.尊属・直系尊属とは

「尊属」とは、血縁関係がある人(血族)のうち本人より前の世代の人をさします。

尊属のうち、直系にあたる人を「直系尊属」といいます。
本人から見て父母、祖父母、曾祖父母などが直系尊属にあたります。養親や養親の親も直系尊属となります。

直系尊属については、下記の記事も参考にしてください。

(参考)相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

1-2-1.直系尊属の範囲

直系尊属の範囲は、下の図のように示されます。

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

1-3.卑属・直系卑属とは

「卑属」とは、血縁関係がある人(血族)のうち本人より後の世代の人をさします。

卑属のうち、直系にあたる人を「直系卑属」といいます。
本人から見て子、孫、曾孫などが直系卑属にあたります。

養子も直系卑属となりますが、養子の子は、養子縁組の後に生まれた場合に限り直系卑属となります。養子縁組のときにすでに生まれていた養子の子は直系卑属とはなりません。

また、子の配偶者や孫の配偶者など直系卑属と結婚した人は、直系卑属ではありません。

1-3-1.直系卑属の範囲

直系卑属の範囲は、下の図のように示されます。

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

2.直系卑属である子が相続するケース

亡くなった人(被相続人)の遺産は家族が相続しますが、民法では相続人として遺産を相続できる人の優先順位が定められています。

被相続人の配偶者は常に相続人となるほか、直系卑属では、子が先に相続人となります。

相続人の順位については下記の記事でも詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

(参考)相続人は誰?相続人の優先順位と相続分をケース別に詳しく解説!

2-1.配偶者以外の相続人の順位

被相続人の配偶者は常に相続人となります。配偶者以外の親族は下記の順位で相続人となります。

  • 第一順位:子
  • 第二順位:直系尊属
  • 第三順位:兄弟姉妹

被相続人に子がいないときは直系尊属が相続人となり、子も直系尊属もいないときは兄弟姉妹が相続人となります。

先に死亡したなどの理由で子が相続できない場合は、孫が代襲相続できます。
直系卑属である孫の代襲相続については、「3-2.子が相続できずに代襲相続する場合」で解説します。

2-2.直系卑属である子が相続できないケース

子は第一順位の相続人ですが、次のような場合は遺産を相続することができません。

  • 子に相続させないよう遺言で指定された場合
  • 相続廃除・相続欠格で子が相続の権利を失った場合
  • 子が自ら相続放棄した場合

ここでは、直系卑属である子が相続できないケースについて詳しく解説します。

2-2-1.子に相続させないよう遺言で指定された場合

被相続人が遺言書に次のような記載をしていた場合は、子は遺産を相続することができません。

  • 子には相続させない
  • 子の相続分を0に指定する
  • 子以外の特定の人にのみ相続させる

遺言書に記載された故人の遺志は尊重されるべきではありますが、一方で、相続人の権利も保護されなければなりません。

そのため民法では、相続人が最低限取得できる遺産の割合として「遺留分」を定めています。

配偶者と子が相続する場合の子の遺留分は相続財産の1/4であり、子が単独で相続する場合の遺留分は相続財産の1/2です。

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

遺言で遺産を相続できないように指定されていても、子など遺留分がある相続人は遺留分に相当する財産を得ることができます。
具体的には遺留分侵害額請求という手続きで、遺産を多くもらった人に金銭を請求します。

遺留分侵害額請求について詳しい内容は、下記の記事をご覧ください。

(参考)遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)とは?計算方法・時効・手続きの流れ

2-2-2.相続廃除・相続欠格で子が相続の権利を失った場合

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

相続廃除や相続欠格で相続の権利を失った場合も、子は遺産を相続することができません。

相続廃除とは、被相続人が生前に家庭裁判所に申し立てるか遺言で指定して、相続の権利を剥奪することをいいます。
ただし、相続廃除ができるのは、相続人になる人が被相続人に対して虐待または重大な侮辱をした場合や、相続人になる人に著しい非行があった場合に限られます。

相続欠格とは、重大な非行があった相続人が相続の権利をただちに失うことをいいます。
被相続人や他の相続人を殺害して刑に処せられた場合や、被相続人を脅して遺言書を書かせたりした場合などがあてはまります。

相続廃除と相続欠格について詳しい解説は、下記の記事をご覧ください。

(参考)
相続廃除で相続させたくない相続人の権利をはく奪できる?
相続欠格とは。相続人に重大な非行があると遺産を相続できない

2-2-3.子が自ら相続放棄した場合

子が自ら相続放棄した場合も、遺産を相続することができません。

相続放棄とは、相続開始から3か月以内に家庭裁判所に申し出て、相続の権利を放棄することをいいます。被相続人に借金があって返済を免れたい場合などに選択されます。
相続放棄をするとその人ははじめから相続人でなかったことになります。

相続放棄について詳しい解説は、下記の記事をご覧ください。

(参考)相続放棄は何時でも出来る?放棄すべき場合はどんな時?手続き方法は?

3.直系卑属である孫が相続するケース

通常、被相続人の孫は相続人になりません。
しかし、次のような場合では、孫は遺産を相続することができます。

  • 孫が相続するよう遺言で指定された場合
  • 子が相続できずに代襲相続する場合

ここでは、直系卑属である孫が相続するケースについて詳しく解説します。

3-1.孫が相続するよう遺言で指定された場合

被相続人が遺言書で「孫に相続させる」という趣旨の記載をしていた場合は、孫は遺産を相続することができます。

ただし、孫は本来の相続人ではないため、「遺贈」という形で遺産を受け継ぐことになります。
相続人ではない孫が遺贈で遺産を受け継いだ場合は、相続税が2割加算されるため注意が必要です。

3-2.子が相続できずに代襲相続する場合

代襲相続とは、本来相続するはずの相続人が死亡・相続廃除・相続欠格で相続できない場合に、その相続人の子が代わりに相続することをいいます。

相続人となるはずの子がすでに死亡している場合は、代襲相続で孫が相続人になります。子が相続廃除・相続欠格で相続の権利を失った場合も同様です。

直系卑属の代襲相続では、孫→曾孫(ひまご・そうそん)→玄孫(やしゃご・げんそん)→来孫(らいそん)と、世代が続く限り何代でも代襲が可能です。

なお、孫が代襲相続した場合は、相続税の2割加算はありません。

代襲相続については、下記の記事で詳しく解説しています。

(参考)代襲相続とは?死亡した相続人の代わりに相続できる人について解説

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

3-2-1.被相続人の子が養子の場合に孫は代襲相続できる?

死亡した相続人が被相続人の養子であった場合は、孫の出生時期によって代襲相続できるかどうかが異なります。つまり、必ずしも代襲相続できるとは限らないということです。

養子の子は、養子縁組の後に生まれた場合に限り直系卑属となります。養子縁組の前に生まれた養子の子は直系卑属にはあたりません。

代襲相続は、被相続人の直系卑属にのみ認められます。
したがって、養子縁組の後に生まれた孫は代襲相続ができますが、養子縁組の前に生まれた孫は代襲相続ができません。

直系尊属・直系卑属の意味を図で解説!直系卑属の相続についても紹介

3-2-2.被相続人の子が相続放棄した場合に孫は代襲相続できる?

被相続人の子が相続放棄した場合は、孫は代襲相続ができません。相続放棄した子は、はじめから相続人ではなかったことになるためです。

死亡や相続廃除・相続欠格の場合とは異なるので注意が必要です。

(参考)相続放棄と代襲相続の関連性とは?ケース別事例や注意点もご紹介

4.甥・姪は傍系卑属にあたる

本人より後の世代の親族である卑属には、甥や姪も含まれます。
ただし、甥・姪は直系卑属ではなく、傍系卑属にあたります。甥・姪は兄弟姉妹の子であり、本人と直接の親子関係はないからです。

傍系卑属である甥・姪が遺産を相続するケースは、遺言で指定された場合のほか、本来相続人となるはずの兄弟姉妹に代わって代襲相続する場合があげられます。
ただし、兄弟姉妹の代襲相続は一代のみであり、甥・姪が死亡しているときに甥・姪の子が代襲相続することはできません。

なお、兄弟姉妹に遺留分がないため、甥・姪にも遺留分はありません。代襲相続で相続人となっても、遺言により遺産を受け取れなかった場合は遺産を取り戻すことができません。

5.まとめ

直系卑属は、直接の親子関係でつながる親族で、本人より後の世代の人のことです。

亡くなった人の遺産は、直系卑属であれば誰でも相続できるわけではなく、まずは子が相続します。
死亡や相続廃除・相続欠格により子が相続できない場合は、代襲相続で孫が相続します。ただし、子が相続放棄した場合は、孫は代襲相続ができません。
孫に遺産を与えたい場合は、遺言で指定することができます。

この記事を掲載している相続税専門の税理士法人チェスターは、法律事務所や司法書士法人と提携して、遺産相続のあらゆるご相談を承っております。

子や孫など直系卑属への相続で不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。

弁護士が遺産分割を徹底支援します CST法律事務所
相続手続き専門の司法書士法人 司法書士法人チェスター

相続人になったら必ず読んでおきたい一冊

相続税専門の税理士法人チェスターが監修する、相続人が読むべき本「相続対策と相続手続き」、会社紹介と「はじめてでも分かる!相続税申告&相続対策の基本」を押さえたDVD特典付きの資料請求を無料でプレゼントしております。

これから相続が起きそうという方も、すでに相続が起きている方にも有効活用して頂ける一冊です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る