年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

相続放棄を行うときの期間や手続きの方法を知っていますか?

具体的な手続きの方法や、他の相続制度との関係についてご説明しています。

1.相続放棄っていったい何?

相続放棄とは、亡くなった人の遺産を受け継ぐことを放棄することです。相続と聞くと不動産やお金がもらえるというイメージがありますが、同時に借金などの債務も受け継ぐことになります。

そのため何も考えずに相続してしまうと、自分に責任がない債務を引き受けることに繋がりかねません。

そこで相続放棄の出番です。亡くなった人に多額の借金があったり、財産に対して負債が大きい場合などは、相続放棄をすることで、相続人は損を被ることを防ぐことができるのです。

相続放棄に関しては民法に規定があり、相続が発生したことを知った時から三か月以内に、相続を受けるか放棄するかしなければならないと定められています。何もしないまま三か月を過ぎると財産も負債もすべて受け継いだと見なされるため、借金などの可能性がある場合は出来るだけ早く調べて手続きを行うことが大切です。

実務上は、3ヵ月を経過した後でも、相続放棄できるケースもありますが、原則的には、3か月以内に相続放棄の手続きが必要となります。

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

2.相続放棄が行われる場面

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

相続放棄が実際に使われる場面として多いのは、亡くなった人に多額の借金があった場合です。

資産が遺されている場合も、資産より負債の方が明らかに多いと思われる場合は、損を回避するために相続を放棄することが多いです。

また相続人が多く、家族間で相続争いが起こる可能性がある場合、それに巻き込まれるのを避けたいという理由で相続を放棄する人もいます。

親の借金相続するべきか?それとも相続放棄するべき?判断するための7つのポイント

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

3.具体的な手続き

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

相続放棄を行うときは、家庭裁判所に必要書類を提出する必要があります。

亡くなった人の住民票がある場所を管轄する家庭裁判所に提出する形になるので、間違えないようにしましょう。

用意する書類は相続放棄申述書です。これは各家庭裁判所のホームページからダウンロードすることができます。必要事項を記載したら、これに届け出を行う人の戸籍謄本、亡くなった人の死亡の記載のある戸籍謄本か戸籍附表、住民票除籍、収入印紙、郵便切手を揃えて提出します。

※相続放棄申述書についての詳細は、下記サイトでご確認ください!

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

家庭裁判所が放棄を認めると、相続放棄申述受理通知書が送られてきます。これで手続きは完了です。これで遺産が発生したときから相続人でなかったことになるので、関連する法的な問題とは無関係の立場になることができます。

相続放棄申述受理証明書は、どんな時に取得する必要がある?

4.相続放棄できる期限はいつから3か月?また期限を延長できるの?

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

民法では、相続を知った時から三か月以内に、相続を承認するか放棄するかしなければならないと定められています。

そのため、この三か月がいつからスタートするかは、非常に重要なポイントとなります。

裁判でも、この三か月がいつからスタートするのかについて争われたことがあります。判例では「相続が開始したこと」に加えて「自分が相続人になったこと」を知った時からスタートすると考えられていました。

しかしこの判例には例外が付け加えられ「亡くなった人の資産や負債を認識した時、あるいは認識すべき時」からスタートするとしました。

つまり、亡くなった人の試算や負債を認識していなかったと認められれば、相続放棄できる期限が伸びることがあります。

また、三か月の期間を延長することができる場合もあります。

亡くなった人の財産を調べているうちに三か月が経過しそうであれば、裁判所に申し立てを行うと期間を延長することができます。

どれくらい資産や債務があるのかはっきりしなければ、相続を承認するか放棄するか決められないからです。ただしこちらも一定の条件があるので、全ての場合に利用できるわけではないことに注意しましょう。

5.その他の相続制度との関係

相続には遺産分割協議、遺留分、生前放棄などの制度があります。これらと相続放棄はどのような関係にあるのでしょうか。

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

遺産分割協議とは、相続人全員で遺産をどのように分けるか決めるための交渉です。この席で「遺産を放棄します」と言ったり書面を作っても、法的には認められません。あくまで相続放棄は裁判所に認めてもらう必要があることを覚えておきましょう。

遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる財産のことで、民法で定められている制度です。遺言が遺されている場合などに利用されます。相続開始前に遺留分を放棄するには、家庭裁判所の許可が必要です。

また、遺留分の放棄は相続放棄とは別であるため、相続が開始されれば、例え遺留分を放棄していたとしてもその人は法定相続人となり相続を受ける立場になります。仮に相続も放棄するならまた手続きが必要になる点に注意が必要です。

遺留分の放棄は相続開始前、つまり遺産を残す人が亡くなる前からすることができますが、亡くなる前には相続放棄はできません。

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

これは相続放棄が「相続の開始があったことを知った時から三か月以内に」利用できる制度だからです。仮に相続開始以前に口頭や書面で相続放棄の意思表示をしていても、法的には無効になります。

相続放棄を考えているなら、三か月という期間に注意すると同時に、行動にも気を使う必要があります。例えば残された財産を勝手に処分したり、一部勝手に隠すなどすると、相続を承認したとみなされ、相続放棄することはできなくなることがあります。

遺産分割でもめないために【遺産分割協議とは?】

相続前に知っておきたい遺留分の知識!遺留分減殺請求って何!?

まとめ

相続放棄に関係する記事は他にもありますので、是非ご活用ください。

放棄すればいいってもんじゃない?知って得する相続放棄の知識8選

5分でマスター!相続放棄でおさえておきたい7つのポイント

関連性が高い記事

相続放棄の際のハンコ代の相場について

“ハンコ代”とは ハンコ代とは、法的には支払い義務がありませんが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払うお金のことです。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名捺印してもらうために支払うお金のことをいいます。 ハンコ代は、これだけ支払うので […]

生活保護を受けている方の相続放棄について

生活保護を受けている方の相続放棄について 生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。 以下の資産については、基本的に保有する […]

相続放棄をした際の未払公共料金

日常家事債務は相続放棄出来ない 電気、ガス、水道などの公共料金は、「日常家事債務」です。 「日常家事債務」とは、 ・衣食住、光熱、家電製品・家具などの日用品・医療・娯楽・交際費・教育費 のようなものです。 これらの未払金は、相続放棄をすることが出来ま […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る