年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

被相続人の配偶者と兄弟間で相続争いに発展する論点とは?

被相続人の配偶者と兄弟間で相続争いに発展する論点とは?

被相続人の配偶者と兄弟間で相続争いに発展する論点とは?

兄が亡くなり、被相続人が兄の配偶者と弟であった場合、優先順位はどのように決められているのでしょうか。兄弟間の相続で多いトラブルとは、どういったものなのでしょうか。

富裕層だけでなく一般家庭でも多い兄弟間の相続トラブルを防ぐためにも、兄弟間の相続についてしっかりと理解しておきましょう。

1.死亡したのが兄の場合、弟は相続人となり財産を相続できるのでしょうか?

法律によって相続人となる人の順番が下記の通り決定します。

被相続人の配偶者と兄弟間で相続争いに発展する論点とは?

(1)亡くなった方(被相続人)の配偶者が常に相続人となる

亡くなった方(被相続人)の配偶者は必ず相続にとなるように定められています。

例えば兄が亡くなった場合の相続人は、兄の妻ということになります。

(2)配偶者以外の相続人と優先順位が定められています

〈第一順位となるのは亡くなった方(被相続人)の子ども〉

もし子どもがすでに死亡している場合は、その孫やひ孫が相続人となります。つまり子どもの直系卑属が相続することになります。子どもと孫がいるときには、子どもが相続します。子どもが死亡しており、孫がいる場合は孫が相続することで代襲相続を行うことになります。

〈第二順位となるのは亡くなった方(被相続人)の父母や祖父母〉

相続人の第一順位である子どもがいない場合は、第二順位である父母や祖父母が相続人となります。第一順位の子どもがいるなら第二順位である方には相続権がありません。第二順位の相続人である父母と祖父母がいる場合は、より死亡した方より近い世代になる父母が優先して相続することになります。

〈第三順位となるのは亡くなった方(被相続人)の兄弟姉妹〉

相続人の第一順位である子どもや第二順位である父母、祖父母がいない場合には、第三順位となる兄弟姉妹が相続することになります。亡くなった方の兄弟姉妹がすでに死亡している場合は、兄弟姉妹の子どもが相続権を得ることができます。つまり亡くなった方の甥っ子や姪っ子が相続し代襲相続を行うことになります。

分かりやすくまとめると、兄が亡くなった場合に弟が相続人となるのは、1:相続人として亡くなった方の配偶者と兄弟のみの時、そして、2:相続人として亡くなった方の兄弟しかいない時となります。

2.兄が亡くなって弟が相続人となるなら、弟の相続分はどの位になるのか?

財産をいくらもらう権利があるのかは、相続分として定められています。

(1)配偶者がおらず弟だけが相続にとなる時

この場合は、弟がすべての相続分を取得することになります。弟が一人ではない場合は、全相続財産を相続人となるすべての弟の人数で割って相続分が決まります。

被相続人の配偶者と兄弟間で相続争いに発展する論点とは?

一例として、弟が二人で一億円の相続財産を割る場合、弟一人当たりの相続分は半分の5,000万円となります。

(2)亡くなった兄の配偶者と弟が相続人になった時

この場合は、兄の妻が全体の四分の三を相続し、弟が全体の四分の一を相続する権利を得ます。

被相続人の配偶者と兄弟間で相続争いに発展する論点とは?

一例として、妻と二人の弟が一億年の相続財産を割る場合、弟が得られる四分の一である2,500万円をさらに弟二人で割った、1,250万円が弟一人当たりの相続分となります。

3.兄弟間でトラブルになってしまう財産の相続とは?

(1)トラブルになるケースで多いのは、富裕層ではなく一般家庭!

不動産を何件も持っている富裕層では、醜い相続争いに発展するケースはまれです。むしろ多いのは、土地であれ住宅であれ唯一の不動産を何人かで分けなくてはならないケースです。相続権のある方一人ひとりに有利となる条件が異なるために、マイホームやマンションを所有している普通の中級家庭でも相続争いになってしまうことが多くあります。

一例として、亡くなった方(被相続人)の遺産が一億円相当の土地と建物だったとしましょう。相続する権利があるのは、配偶者と亡くなった方の兄弟二人の合計3人とします。亡くなった方の子どもや両親、祖父母がいない場合、相続割合は配偶者が四分の三、兄弟が四分の一をさらに割った八分の一、つまり1,250万円相当となります。兄弟としては、固有の相続財産である土地と建物を売却して遺産相続を求めるかもしれません。配偶者は亡くなった方の相続財産である土地と建物を引き続き所有することを願っています。こうなると配偶者と兄弟の合計3人で相続権争いになることが予想できます。配偶者は売却を拒むなら、それ相当の金額を兄弟に払う義務があり、できるだけ資産価値を低く抑えたい意向が働くでしょう。できるだけ多く受け取りたい兄弟とは思惑が異なることになるのです。

(3)法定相続分と遺留分を理解しておくことが大切

法定相続分とは法律で定められている相続の割合です。一方で遺留分とは遺言によって確定する相続分です。遺言が無ければ法定相続分を兄弟は得る権利があります。もし兄弟に大切な資産を渡したくないなら遺言を書いておくこと重要でしょう。

相続前に知っておきたい遺留分の知識!遺留分減殺請求って何!?

4.兄弟の子には代襲相続の権利がある?

亡くなった方の兄弟に子どもや孫がおり、相続分を受け取るはずだった兄弟がすでに死亡しているなら、その子どもや孫が相続権を得ることになります。つまり兄弟の子であっても代襲相続をすることができます。

代襲相続ってなに?簡単に理解できる7つのポイント

5.相続放棄をすることは可能?

3か月以内であれば、相続放棄をすることが可能です。

相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

相続放棄の期限を延長することはできる?

6.相続争いを避けるための対策

兄弟間でなくとも、遺産相続は争いになる可能性がとても高いです。身内が争うというのは実に悲しいことですね。相続が争族にならないようにとれる対策はしっかりと取っておきましょう。

相続が争族に。遺産相続のトラブルの原因を知ることで争族を回避しよう!

遺言書にはどんな効力があるの?遺言書の種類と効力について

まとめ

兄(姉)が亡くなった、弟(妹)が亡くなった場合に、兄弟(姉妹)が遺産を相続するということは、起こり得る事です。遺産相続は相続する相続人の人数が増えれば増えるほど、トラブルが起こりやすくなります。兄弟(姉妹)で争うことのないようにしたいですね。争いを避けるための遺言書の作成や、相続後にどう財産を分割したらよいかなどは、相続専門の税理士に是非ご相談ください。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。 戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってく […]

姻族関係終了届とは

姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]

代襲相続と法定相続人の人数

1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る